ハイシーズン突入!梅雨の霞水系釣行

バス釣り

こんにちは、デコリーマンです!

関東地方は梅雨入りしました。
一般人にとっては憂鬱な雨ではありますが、多少の雨はバスも活性があがり好条件ともなります。
そんな小雨が降る先日、久しぶりに霞ヶ浦水系へ釣りに行って参りましたので、レポートいたします。

当日は曇り予報で夜から雨が降るということでしたが、場所によっては朝からパラパラと既に降り始めていました。

スポンサーリンク

最初は鰐川にエントリー

流れの当たるアウトサイドベンドのシャローフラットを先日ゲットしたレイドジャパンのスクラッチで一通り流すも残念ながら反応無しでした。

しかし、護岸際では小さなエビとイナッコ(ボラの子ども)が確認でき、ベイトフィッシュは活性が高い事が分かりました。

そこで、水深に起伏がありゴロタが入っている少し上流へ移動します。

理由は、居着きのバスやアフターのバスが多くストックされている為、情報が得やすいからです。

雨のせいか、先行者は居らず200m程のストレッチを手早くサーチします。
まずは往路です。
ゴロタにたまに触れるくらいの潜行深度を持つペイフォワードのワンエイトをチョイスします。

良い感じにゴロタにタッチしますが、魚からの反応は得られません。
そこで復路は、スティーズスピナーベイトで水面直下の護岸のエグレ付近を探ります。
半分くらい戻った辺りでしょうか。一瞬ふっと軽くなる前アタリがあった後にグッと抑え込むようなバイトが突然起こりました。

すかさず重みを感じながら巻き合わせをすると無事フックアップ完了です。

下へと潜るファイトの為、針掛かりがなかなか確認できず、慎重に寄せます。
手前まで寄せて掛かりを見ると皮の薄い所に掛かっているように見えた為、ハンドランディングができるように護岸に寝そべります。

何度かジャンプされて、危なかったのですが無事ランディング完了です。

体型はアフターのようなバスですね。回復完了まで後1~2週間程でしょうか。

バイトがあった場所の水深を計ると、大体1.2m程でした。
シャローフラットまで行く元気は無いものの、活性自体は高いので、居着き場所付近でエサを食べているのかなと推測します。私なりにですが…

その仮説推理が正しければココもアリなのでは?と思い付いたので、移動してみます。

好条件合致の与田浦へ移動

水深がそれなりにあり、バスのストック量も多い。しかも深い場所から近い場所にシャローが点々とある。アフターバスにとって最高の立地条件です。

風が弱かったので、アフターにめっぽう強いゆっくりフォールするルアーにしてみます。

自作のスモラバにトレーラーはボトムアップのハリーシュリンプ3インチをチョイスし、杭とシャローに落とし込みます。

答えは直ぐに返ってきました。
ふとしたパラアシの根本にフォールさせると、着底と同時に沖にラインが走ります。

至近距離の為、合わせ切れを起こさない程度にフッキングすると無事フックアップです。

今回は針掛かりもサイズも直ぐに確認ができました。杭や沈み物があるエリアなので少し強引にファイトします。

びちょびちょになった護岸もおかまいなしに、寝そべりハンドランディング完了です。


サイズは先程と同じくらいですね。尻尾のキズと腹の凹みを見た感じ、狙い通りのアフターバスですね。

しかし、パターンがなんとなく掴めてきたのですが、ここにきて雨足が強くなり一度昼食がてら一時避難です。

昼食後もなかなか雨があがらず、釣りが再開できたのは3時頃でした。

風も強くなってきてしまい、霞ヶ浦本湖の風裏を探しながら車を走らせます。

ふと、流入河川の河口がすごく良さそうに見えたので、釣りをすることにしました。

普段は水深30~50cm程で、底が見えてしまうような場所なのですが、適度な濁りと増水のお陰でいつもより釣れそうに感じるスポットです。
いつもなら頭を出している杭も冠水しており、この辺りだろうと目測でキャストします。

使ったのは、クワイエットファンクのデカダンスフィーです。


浅すぎる場所だとフォールの見せる間を作る事ができないのと、濁りで見つけられない可能性を考慮してチョイスした、波動の強いトップウォーターです。

その1投目でした。
リールハンドル3回転くらいで、バフッと水面を割る強烈なバイト。フッキングするも、合わせが早かったのか、一瞬だけファイトしてバラしてしまいました。

集中力を欠いしまっていた事に反省し、数投するも2度目があるはずが無く、雨足が強くなってしまった為、タイムアップとなってしまいました。

今回反応のあったルアー達

スティーズスピナーベイト


ダブルウィローモデルを使用しました。
上でも述べましたが、マッディーレイクを始め、いつもより濁った際はシルエットがハッキリでる為、クロキンカラーを選びました。

他にもチャートゴールドアユやスモークシャッド中りは、濁りやローライトでの相性が良いかと思います。

他のスピナーベイトに比べ、引き抵抗が少なく感じるかもしれませんが、その分引き重りと振動によるストレスから解放されガンガン投げて巻けると思います。
フックもサクサスフックを搭載しているので貫通力も高くなっています。

コンパクトなフォルムに設計されているので、フィールド問わずに投げられるかと思います。

スモールラバージグ+ハリーシュリンプ3インチ
【写真8】
スモラバに関しては自作です。
参考までに、私の場合はケイテックのモノガードラウンドジグヘッドにティムコのPDLファインカットを巻いています。

ハリーシュリンプは言わずと知れた川村光大郎さん率いるボトムアップのワームですね。
今までは4インチのみでしたが、今年3インチのダウンサイズ盤が発売され、各所で釣果情報を目にします。
もちろん単体での使用も良いですが、スモラバトレーラーにする事で調度良いボリュームアップと調度良い重量アップで、とても相性が良いと感じています。

ちなみに私は、トレーラーで使う際1番お尻側の一節をカットして使っています。

クワイエットファンク デカダンスフィー
【写真9】
近年日本で流行しているクローラーベイト、その多くは1oz以上ある大型サイズがほとんどかと思います。
小さすぎず大きすぎず、Mクラスのロッドで扱えるクローラーベイトと絞ると、このデカダンスがヒットするかと思います。
あまり世に出回らないルアーなので、見つけたら私に教えて下さい。笑

生き物により似せて作られる昨今のルアーより、愛着の湧くかわいいフォルムと動きで釣れたバスは感動も人一倍になると思います。
是非、機会があったらチェックしてみてください。

前回もお話ししたように、梅雨の時期はバスの活性が比較的高い傾向にあります。
使いたいルアーや、苦手なジャンルを試す機会には絶好のシーズンです。

私の場合、今までフィネスの釣りに偏る傾向があり、あまり巻き物を投げ徹す事をしてきませんでした。
恥ずかしながら、スピナーベイトでバスを釣ったのはおそらく1年ぶりくらいになるかと思います。
釣れたことがないルアーを投げ続けるのは、相当に忍耐が必要になります。イージーなこの時期に実績を積んでおき、ここぞの場面でも自信を持って投入できる引き出しを増やしておくのも上達の近道なのではないかと思います。

 

最後になりますが、ハイシーズンとはいえ大雨や悪天候で身の危険を感じる場合は速やかに避難、中断が出来るよう心掛けていただけますと幸いです。

水難事故やケガはもちろんですが、雨天時の釣りは想像以上に体力を消耗しますので、帰りの道中や体調等も考慮した楽しみをしていただきますようお願い致します。

以上、デコリーマンでした。

コメント